プライベート・エディター

漠然とした思いを、わかりやすく・伝わる言葉に変換するのも一凛堂の得意とするところです。
外部・内部へ発信するメッセージ等をまとめる際、プライベート・エディターとしてご活用ください。
また、文章の校正に費やす時間が惜しいご多忙な方も、どうぞご相談下さい。

・経営理念をまとめたい
・これから起こすビジネスを適切な表現で文章化したい
・社内外へ発信する文章のチェック・校正をして欲しい
・新聞・雑誌などに連載をお持ちで、入稿前にチェックを希望
・パンフレットに掲載する原稿のライティング・編集を頼みたい
・商品のコピーを考えて欲しい
・お客様への商品の説明を、より伝わる文章にしたい
・日々のブログの校正をお願いしたい
・とにかく文章にまつわる相談をしたい
パンフレット掲載原稿等のライティング・編集作業もお受けしております。


まさにコーチングのようにじっくりお話を伺いながら進めて参ります。
初回相談料:3万円/2時間
月額制 15,000円~/月  もしくは 年間契約

詳細はお問い合わせフォームからお願いします。

出版プロデュース・ライティング・コピー実績はこちらをご覧ください

出版プロデュース・編集

誰かの一言が、出逢った一冊の本が、人生を大きく変えることがあります。
そんな「言葉の力」を強く信じ、世に出すべき珠玉の1冊を創り出すお手伝いをしています。

一凛堂 出版コンサルティングの流れ

1. ヒアリング ・ご相談

まずは、商業出版できる内容のものであるか、自費出版に向いたものかじっくりお話を伺うことからスタートします。
既に企画書をお持ちの方はお持ちください。
※内容によっては、この時点でコンサルティングをお断りすることもございます。ご了承ください。

2. 企画書作成ヒアリング <ここから出版コンサルのご契約となります>

2時間×5回を目安に徹底したヒアリングを行います。
書きたいこと、伝えたいこと、市場が求めていること、 それらを加味し、あなたにしか書けないものはなにか、を探っていきます。

3. テーマ設定

商業出版を目指す場合は、出版社に採用されるテーマを設定します。
自費出版の場合も、いずれ商業出版に繋がるよう、納得のいく核心のついたテーマを探って行きます。

4. プロフィール作成

商業出版の場合は、出版社に採用されるために必要な内容を盛り込んだプロフィールを作成します。
自費出版の場合は、あなたが何者か読者にすぐわかるよう、また完成させる本の著者として相応しいものに仕上げて参ります。

5. 目次作成

企画の柱となります。

6. 企画書作成

商業出版の場合は全17項目におよぶ詳細な出版企画書を作成します。
自費出版の場合も、作成途中で企画がぶれないよう、ある程度の形にする必要があります。

7. 見本原稿執筆

商業出版の場合は、前書き(はじめに)および本文から2本執筆いただきます。
自費出版の場合は、いよいよ原稿執筆スタートです。定期的に原稿をチェックさせていただきながら、ともに仕上げてまいります。

8. 出版社へ提案

必要に応じて編集者への引き合わせも行います。
自費出版の場合は、出版社ではなく、印刷会社へのご案内となります。

9. 採否

商業出版の企画が採用となるまでには多くの会議を経る必要があり、 結果が出る迄に数ヶ月かかることもあります。ご了承ください。

10. 執筆(制作)開始

定められた期間内に書き上げられるようサポートして参ります。

11. 出版

おめでとうございます!

ご依頼事例

商業出版用・企画書チェック(2時間/3万円)

※上記、一凛堂 出版コンサルティングの1.のみを希望される方

  • ・初めて企画書を作成される方へのアドバイス
  • ・現在お持ちの企画書のチェック・アドバイス
商業出版・自費出版 フルサポート(詳細はお問い合わせください)

「本を出したい」その思いを形にしていただくまでじっくりサポートします。
ただし、これまでのご実績、出されたい本の内容によってはお断りすることや自費出版をおすすめすることもございます。

著者・コーチング(対面形式:1回/3万円)

出版社に採用されたはいいが、実際に書くとなると書けない、書き進められず途方に暮れてしまう、そんな方が余りに多いという現実があります。ビジネス書ですと、1冊で約10万字。これを書き上げる作業は思いのほか大変なものです。
また懸賞小説などでも、書き進めながら第3者目線からの意見が欲しいのでコーチングを、というご依頼を数多くいただいています。
最後までモチベーション高く書き上げていただくための、技術面とメンタル面でのフォローをします。

ページトップへ